行きしぶり・不登校

原因のわからない「行きしぶり(不登校)」は「HSC」の可能性があるかも

こんにちは、こかプロフィールはこちら)です。

小学校低学年の娘が、夏休み前から学校へ「行きしぶる」ようになりました。

「原因のはっきりしない行きしぶり」だったのですが「これが行きしぶりの原因なのかもしれません↓↓」

「HSC」

ひといちばい敏感な子

今回は「HSC=ひといちばい敏感な子」について紹介します。

「原因のはっきりしない行きしぶり(不登校)」の「なんでだろう?」を解決するヒントになるかも。

こか

「HSC」かどうかを調べるための「23のチェックリスト」もあるので、よかったら試してみてください。

「HSC」の意味

「HSC」という言葉の意味を、簡単に説明します。

 Highly Sensitive Childハイリー・センシティブ・チャイルド =HSC

「ひといちばい敏感な子ども」

※同じような言葉に「HSP」があります。「P」は「Person」の頭文字。「ひといちばい敏感な人(大人)」をさす時に使います。

今回は「子ども」の話なので「HSC」としてすすめていきます。

原因のはっきりしない不登校の8割以上がHSC?

学校

HSCの子育てハッピーアドバイス』の著者でもある「子育てカウンセラー・心療内科医」の明橋大二先生が、あるインタビューの記事でこんな発言をされていました。

明橋先生「不登校のお子さんをよく見ている中で、特にいじめにあったわけでも、先生との相性が悪いわけでもないのに、学校に行こうとするとお腹が痛い、頭が痛いとなる子がいます。そういう子を見てみると、ほとんどの場合がHSCと思われる気質を持っています。私は原因がはっきりしない不登校の8、9割はHSCではないかと思っています」 

 

MAZECOZE研究所より引用

(※太字は「こか」によるものです。)

「原因がはっきりしない不登校の8・9割はHSC」の可能性?

こか

原因がはっきりしない「行きしぶり」も「HSC」の可能性がありそう…

「HSC」23のチェックリスト

『HSCの子育てハッピーアドバイス』には、HSCかどうか判断するための「23のチェックリスト」があります。

23個の質問すべてに「はい」か「いいえ」で答えていきます。(「はい」の数をかぞえてくださいね


  1. すぐにびっくりする
  2. 服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる
  3. 驚かされるのが苦手である
  4. しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある
  5. 親の心を読む
  6. 年齢の割りに難しい言葉を使う
  7. いつもと違うにおいに気づく
  8. ユーモアのセンスがある
  9. 直感力に優れている
  10. 興奮したあとはなかなか寝つけない
  11. 大きな変化にうまく適応できない
  12. たくさんのことを質問する
  13. 服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる
  14. 完璧主義である
  15. 誰かがつらい思いをしていることに気づく
  16. 静かに遊ぶのを好む
  17. 考えさせられる深い質問をする
  18. 痛みに敏感である
  19. うるさい場所を嫌がる
  20. 細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく
  21. 石橋をたたいて渡る
  22. 人前で発表するときには、知っている人だけのほうがうまくいく
  23. 物事を深く考える

(『HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子』明橋大二著(1万年堂出版)より引用)


13個以上に「はい」なら、おそらく「HSC」。たとえ「はい」が1つか2つでも、その度合が極端に強いなら「HSC」の可能性があります。

こか

チェックリストよりも「子どもを観察する親の感覚のほうが正確」とのこと

ちなみに、娘は13個以上あてはまりました。

HSC=ひといちばい敏感な子って?

「HSC=ひといちばい敏感な子」はどういうものなのでしょうか?

本を参考に紹介します。

1:「HSC」は育て方でなるものではない

「HSC」はもって生まれた性質

育て方でなるものではありません。

2:「HSC」は障がいや病気ではない

「HSC」は、障がいや病気ではなく「気質」

だから「治す」ものではないそうです。

こか

「気質です」と言って、学校に理解をもとめるのは、なかなか大変そうですね。

3:5人に1人が「HSC」

HSCの割合は「5人に1人」

人種や性別に関係なく、一定の割合だそうです。

ひとクラス「35人」いるとしたら、「約7人」がHSCだということですね。

4:同じ「HSC」でも人それぞれちがう

例えば「雰囲気や人の感情に敏感な子」もいれば「においや味に敏感な子」もいる。

「人それぞれちがう」のは、そりゃ当然そうですね。

ちなみに、うちの娘は両方あてはまります。

5:発達障害と誤解されることがある

感覚の敏感さがにていることから「発達障がい」と誤解されることがあるそうです。

大きな違いは次のとおりです。

  • 自閉症スペクトラム症→人の気持ちに関して気づきにくい
  • HSC→人の気持を察することに、たけている

「HSC」だとわかった…そのあとは?

こか

うちの子「HSC」っぽいぞ!!

子どもが「HSC=ひといちばい敏感な子」だとわかった!はいいが、さてどうしよう?

HSCの子育てハッピーアドバイス』には、親に対してのさまざまなアドバイスが書かれていました。

その中でも「これにつきる!」と思ったことがあったので、紹介します。

それは

「その子のペースを尊重する」

ということです。

子どもが「嫌」と言ったら、本当に嫌なのです。子どもが「怖い」と言ったら、本当に怖いのです。[中略]ひといちばい敏感な子には、ひといちばい安心感が必要です。「自分のペースを尊重してくれる」「自分のことを信じてくれている」、その安心感が、一歩踏み出す勇気になるのだと思います。

 

『HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子』明橋大二著(1万年堂出版)より引用

よく言ってしまうんですよね「な~んも嫌じゃないよ」「これっくらい平気だよ」「おおげさだなぁ~」…(思いだしたらキリがない 汗)

自分が言われたらイヤなことを、子どもには言ってるんですよね。

反省しかありません。

「行きしぶり」の可能性の1つ「HSC」

今回は「行きしぶりの可能性の1つ」として「HSC=ひといちばい敏感な子」を紹介しました。

私は「HSC」を知った時、光がさした気がしました。

こか

行きしぶりが、解決するかも!

ではありません。

「行きしぶりの原因」=「ツラさ」「苦しみ」を知るヒントをもらえたからです。

「23のチェックリスト」では、13個以上当てはまり「HSC」の可能性が高いことがわかりました。

思いあたるフシもあります。

だけど「HSC」という視点だけにならないよう、娘の毎日にお付き合いしようと思います。

私と同じように「行きしぶるのはなぜ?」と理由がわからずに悩んでいるかたに、少しでも届きますように。

こか

HSCの本は「HSCの子育てハッピーアドバイス」以外にも、出版されていますよ。

「HSC」の本を探す

お役に立てたらうれしいです。