行きしぶり・不登校

【行きしぶり日記まとめ】小学生の娘の行きしぶりが始まりました

こんにちは、こかプロフィールはこちら)です。

以前こんな記事を書きました↓↓

小学校低学年の子朝グズる
【小学校低学年】「まぁいっか」で親も子もラクになる朝「まぁいっか」と思えることで学校へ行く時にグズってしまう子どもへのイライラが減りました。...

簡単にいうと、子どもが「学校に間に合わない・行かない」ような状況の時は「◯◯べき」にしばられずに「まぁいっか」で親も子もラクになろう!というようなお話です。

そして記事の最後は、こう締めくくっていました。

そして不思議なことに「まぁいっか」と親が思えると子どもも心が落ち着くのか、グズることも減りました。

それがねぇ…記事を投稿してすぐに

こか

娘さんの「行きしぶり」がはじまりました~!

娘の「行きしぶり」がはじまったことについて

さきほど、こんな顔で

▲ 「行きしぶりがはじまりました!」

娘の「行きしぶりがはじまりました報告」をした私ですが、実のところあまり

こか

落ち込んだり、悩んだりしていません(ガーーンとなってません)

こか

あの記事恥ずい…のガーーンです(笑)

(もちろん書いてあることは本心で本当ですけどね)

まぁ冗談ですが、娘が学校に行きたがらない時がある」ことに対して「落ち込んだり」「悩んだり」「怒ったり」していないのは、本当です。

理由は次の通りです。

息子が中学2年の時に、不登校(約4ヶ月)でした。

その時に、いろいろと経験から学んで考えが変わったからです。

  • むりやり解決しようとしても、なんの意味もない。
  • 学校へ戻ることだけが、解決ではない。
  • 子どもの気持ちが、いちばん。

これをふまえているので、娘が「行きしぶること」には悩んでいないのです。

娘の「行きしぶり」について記録していくことにしました

行きしぶり日記を書く

息子の不登校を経験したおかげで、私の考えも変わりました。

だから娘の「行きしぶり」が始まっても動揺することなく、現状を受け入れています。

ですが「神様」じゃあるまいし、イライラしたりすることだってもちろんあります。(自分都合でね)

「学校に行きたがらないこと」に「落ち込んだり」「悩んだり」「怒ったり」はしていませんが、心配することだってあります

「なにがイヤなのか」「なにがツライのか」は心配です。

そんな日々の出来事や気持ちを

「行きしぶり日記」

として記録していこうと思います。

こか

よろしくお願いします。

同じような経験をしている方の参考になればうれしいです。

「行きしぶり」のはじまりから現在

簡単に今までの経緯を書いておきます。(2020年9月現在)

娘の行きしぶりは、小学校2年生の夏休み前からはじまりました。

「お腹が痛い…」が最初でした。

その日は保健室へ。保健室から教室へ行くことは結局できず、そのまま帰宅。

その後、数回休んだことはありますが、ほとんど学校へは行ってます。

学校へ到着してからのパターンはこんな感じ。

  • 保健室に行くもそのまま帰宅
  • 保健室で休憩してから教室
  • ◯時間目まで頑張って帰宅
  • 一旦帰宅、◯時間目から再登校
  • すんなり教室へ行き1日過ごす

最近は「すんなり教室へ行き1日過ごす」というパターンが多いです。

とはいっても先週の月曜日は「保健室で休憩してから教室」

毎日くつ箱で、ギャンブルをしている気分です(笑)。

小学校のくつ箱
▲ 「今日はどっちだ?」

現在(2020年9月)は、こういったところです。

「行きしぶり」を通じて学んだことや感じたこと

「行きしぶり」の経験から、「学んだこと・感じたこと」の記事一覧です。

「行きしぶり」の原因は?

うちの娘は「原因がはっきりしない行きしぶり」です。

「行きしぶり」は、まぁ置いといて…

「原因はなんだろう?」と考えるもの。

そんな時に「HSC=ひといちばい敏感な子」というものを知りました。

行きしぶりの原因はHSC
原因のわからない「行きしぶり(不登校)」は「HSC」の可能性があるかも原因のはっきりしない「行きしぶり(不登校)」は「HSC」の可能性があるかもしれません。...
こか

新しい記事を書いたら、追加していきます。