ノート・手帳のアイテム

【iNSPiC(インスピック)レビュー】中身・メリット・デメリット(?)

こんにちは、こかプロフィールはこちら)です。

写真が簡単にプリントできる「iNSPiC(インスピック)」というものがあるらしいけど…

「買おうかな?」

「どうしようかな?」

わたしも迷っていましたが、ついに買いました!

率直な感想は

こか

買ってよかったよ!

なんですが、そう言われても迷いますよね…。

ということで、今回は「iNSPiC」のこんなことを紹介します。

  • 「iNSPiC」の購入とセット内容
  • よかったところ
  • ちょっとだけ残念なところ

iNSPiC(インスピック)って「どうなのかな?」「どうしようかな?」の参考になればうれしいです。

こか

ちなみに、わたしは「ノート」や「手帳」に貼って楽しんでいます。

というわけで「ノートや手帳に貼る」という目線のレビューになります。

ほぼ日手帳
▲ イラストは苦手です…

「iNSPiC(インスピック)」の購入と中身(セット内容)

inspic

「iNSPiC」の購入体験とセット内容を紹介します。

「iNSPiC(インスピック)」を注文

わたしは、amazon(アマゾン)で注文しました。

あとから写真用紙を注文するのが面倒なので「本体と写真用紙の50枚セット」を購入(20枚セットもあります)。

こか

本体のみ」を注文しても写真用紙が10枚ついているので安心してくださいね。

「iNSPiC(インスピック)」が届く

アマゾンから「iNSPiC」が届きました。

▲ セット買いだから2つ

わたしは「セット買い」をしたので箱が2つですが「単品」なら、もちろん箱は1つです。

まずは、ダンボールを開けたところから。

こか

えっ?いらない?…汗

「iNSPic(インスピック)」はこんな感じで入っていました。

インスピック
▲ しっかり梱包されている

ビニールの下の白くなっているところが「iNSPiC(インスピック)」

こか

それにしても、箱デカッ

「写真用紙」はこんな感じで。

inspicフォトペーパー
▲ こちらもしっかり梱包
こか

問題なく手元に届きました。

「iNSPiC」の中身(セット内容)は?

「iNSPiC本体」のセット内容を紹介します。

「iNSPiC(インスピック)」を箱から取り出したところです。

inspic

充電用のケーブルなどは、本体の下に入っています。

inspicの中身
▲ 「iNSPiC」のセット全て

次の5つが「セット内容」のすべてです。

  1. 「iNSPiC」本体
  2. 充電用USBケーブル
  3. 写真シール用紙(10枚)
  4. 説明書
  5. 保証書

ちなみに「写真用紙50枚(別売り)」の中は、こんな風になっています。

インスピックの写真用紙50枚セットの中身
▲ 「iNSPiC」の写真用紙(50枚入)

10枚が1セットになっているんですね。

以上「iNSPiC」の中身の紹介でした。

余談ですが「届いたらすぐに充電」したほうがいいです(電池の残量が全然なかった)。

「iNSPiC」を買ってよかったところ

まずは「iNSPiC(インスピック)」を買ってよかったところから。

最初にも少し書きましたが、わたしは「ノート」や「手帳」に写真を貼るのを楽しんでいます。

ほぼ日手帳カズン
▲ ノートに写真を貼ると楽しい

なので「ノートや手帳に写真を貼る」という目線になります。

写真用紙がシールになっているところ

「シール」になってるから、かなり便利です。

というか、購入する決め手の1つでした。

今までは「写真用紙」に印刷して、スティックのりやテープのりでノートに貼りつけていました。

それもまぁイヤではないんですけど、やっぱりラクになるのは大きいです。

プリントアウト→すぐ貼れる★

このラクさはたまりません。

コンパクトですぐそばに置いておけるところ

わが家には、古いですけど問題なく動いてくれるプリンターはあるんです。

今までそれを使っていました。

「iNSPiC(インスピック)」はコンパクトだから「旅先でプリントが気軽にできるな~」と期待もしています(今まで旅先では、コンビニを利用していました)。

だけど、そういうことじゃない!!

家のプリンターまでが、遠いと感じるんです(どんだけ…)

その点、iNSPiC(インスピック)は、ノートを書いてるときに

こか

ここに写真を貼ろうかな?

と、思ったら「アプリ」をちょいっと操作すれば、その場から動かずにプリントアウトできる(笑)♪

ちなみに私は「iNSPiC」を「文房具セット」と一緒にまとめています。

「iNSPiC」のちょっと残念なところ

「インスピック」を実際に使ってみて、ちょっと残念(?)なところと「口コミ」で多かった残念(?)なところを、私なりの解釈で紹介します。

思ったより写真シールに厚みがあった

個人的にいちばん驚いたのが「写真シール」の厚み!!

こか

想像より「厚かった」です。

一般的な「シール」を想像してはいけません。

シールみたいに、ペラペラではありません。

「写真シール」と書いてあったので「シール」しか頭に残らなかったんですね…(わたしだけ?!)

息子

確認しろ!

プリンターでは「写真用紙ライト(普通の写真用紙より薄い)」をずっと使っていたので、余計に厚く感じたのかもしれませんが…。

まぁ、逆に「しっかりした写真シール用紙」と言えますね。

写真シール用紙が高い?

現在(2021年1月)アマゾンで、「写真シール用紙」は50枚入りで1,891円でした。

1枚あたり37.82円です。

コンビニで写真用紙・L版(シールではない)にプリントすると、1枚30~40円です。

コンビニと同じくらいの金額になりますね。

「インスピック」の写真シール用紙はL版ではないです!

(5×7.6cm)

この「iNSPiC」の用紙の金額ですが、わたしは別に気にならないです。

その理由は次のとおりです。

  • 毎日写真をプリントするわけじゃない。
  • アプリを使って1枚に複数の画像がプリントできる
  • メリットのほうが大きい(シール・コンパクト)

画質が悪い?

「思ったより画質が悪かった」という口コミがありました。

たしかに「写真用紙にプリントしたような画質ではない」です。

とかいいながら「iNSPiC」で印刷した写真を眺めているのですが

こか

えっ、別に全然キレイだけど…

が本音です。

(こればっかりは個人差ですね…)

並べて比較してみると、たしかに差があります。

散歩中のトイプードルの写真
△ 左:iNSPiC 右:写真用紙

普通の写真を想像していると「画質が悪い」って思うのかも。

「チェキ」とか想像していると「キレイじゃん!」って感じですかね。

inspicでプリントした写真
△ 6分割してプリントアウト(iNSPiC)
こか

わたしには許容範囲…

イヤ、大満足です。

以上が「iNSPiC」のちょっと残念なところです。

まぁ「そんなに気になることはない」ですね。

「iNSPiC」レビューまとめ

今回は「iNSPiC(インスピック)」のセット内容・いいとこ・ちょっと残念なところを紹介しました。

スマホの写真がすぐにプリントできて、しかもシールになってる!!

もう、これだけで大満足の「iNSPiC」でした。

ノートや手帳を楽しむなら、持っておきたいアイテムです。

写真の画質の「好き・嫌い」が、いちばん個人によって差がでそうです。

散歩中のトイプードルの写真
△ 左:iNSPiC 右:写真用紙

ここをよ~く検討してみてください。

写真と同じ画質ではありませんからね。

わたしは、そこも含めて好きですが(笑)。

参考にしてもらえたら、うれしいです。

こか

わたしはメチャメチャ気に入りました。