ライフログノート

ライフログノート(マイノート)を書くときのルール

ライフログノート(マイノート)のルール(方法)
こか

こか」といいます。よろしくお願いします。(→プロフィールはこちら

ライフログノートは、基本的に自由に書いていいものです。

だけど簡単にルールを決めておくと、見返す時にわかりやすいです。

今回の記事では「ライフログを書く時のルール(方法)」を紹介します。

参考にしてもらえたら、うれしいです。

「絶対」のルールではありません。あくまで「基本のルール」です。

ちなみに私のノートは「ライフログノート」と「マイノート」を行き来しています。

ライフログノート=日々のできごとや思ったことを細部まで時系列で書く

マイノート=自分のアンテナに引っかかったことを時系列で書く

※わたしなりの解釈です

✽2つの本から得たルール(方法)がたくさんあります。

1冊のノートに時系列で書く

「1冊のノート」に最初から「時系列」で書いていきます。

「ノートを使い終わったら、また新しいノートへうつる」の繰り返しです。

こか

あくまで「基本のルール」

別のノートにまとめたいものは、臨機応変にわけて書きます。

ノートに書くときのルール

ノートに書く時のルール(方法)を紹介します。

「よさそうだな」と思ったら、取り入れてみてくださいね。

1:「ひとつのこと」を書いたら線で区切る

ひとつのことを書いたら、線で区切りをつけます。

ライフログノート・マイノート
▲ 線で区切る

「いちいち、区切るの?」と最初は思いましたが、あとから見やすいです。

こか

気分によって区切らないこともあります。

2:区切るごとに日付を書く

線で区切るごとに、日付を記入します。

ライフログノート・マイノート
▲ 日付を記入する

これも「なんで、イチイチ…」ですが、読み返す時に便利です。(めんどうな時は1ページに、日付けを1つだけの時も…)

こか

最近(2021年1月)は、1ページに日付を1つだけを書くことが多くなりました。

6ケタ表記がラクです。

例:2019年1月29日=190129

手書きだと、ノートに日付けが埋もれてしまうので「日付け回転印」を使っています。

ライフログノート用の日付回転印
▲ ダイソーの日付け回転印

ダイソーで買った「日付け回転印」です。

8ケタあったので両サイドははさみでカットしました。

インクはシャチハタの茶色です。

スタンプ台不要の日付け回転印もあります(6ケタ表記ではありません)。

3:行動の記録には時間を書く

「行動の記録」には時間を記入します。

時間を意識することで「書くことを忘れない」というのが、一番のメリットです。

マイノート ライフログノート
▲ 行動の記録に時間を書く

時間ごとに「なにしたっけな?」と書いた記録は、意外とあとから面白いです(感じたことを書くとさらに◎)。

ちなみに時間を書くのは「行動の記録」を書くときだけ。

それ以外の記録には、書いていません。

4:よく登場する人物は略して書く

ノートによく登場する人物=家族(わたしの場合)

アルファベットを使って、略して書いています。

5:感じたこと(気持ち)を意識して書く

「気持ち・感じたこと・動機…」

自分の気持ちがちょっとでも動いたことは、書いておきます。

読み返したときに、ノートがグッと楽しいものになりますよ♪

「気持ち」を書く時のポイントです。

「事実」と「気持ち」に区別をつけるために、気持ちには「しるし」をつけます。

「気持ち」を区別する方法
  • 「★マーク」をつけて書く
  • スタンプでマークをつけて書く
  • マーカーで囲む
  • ペンの色をわけて書く

ノートを書き終えたあとのルール

あとから「ノートを見つけやすくする方法」を紹介します。ノートを書き終えたら、試してみてください。

1:通し番号をつける

厚みのあるノートなら背表紙に、薄いノートならわかりやすいところに通し番号をつけます。

マイノート・ライフログノート

このノートは気まぐれで2つ通し番号を書いていますが、たまたまです(笑)

マイノート・ライフログノート

通し番号は、ノートの整理とノートを迷子にしないために大切です。

2:ノートの使用期間を書く

ノートの使用期間を書いておくと「たしかあの頃に書いたなぁ・・」と日付けをたどって探すことができます。

ライフログノート(マイノート)のノートの選びかた

ノートを読み返す時に便利です。

3:年齢、学年、クラスを書く

そのノートを使用していたときの家族の「年齢・学年・クラスなど」を書いておきます。これは、かなりオススメです。

ライフログノートの書きかた・ルール

ノートを読み返していると「あれ?これはいくつの時?」となることが多いです。

ノートのわかりやすいところ(表紙や表紙の裏など)に、次のようなものを書いておきます。

  • 家族の名前(わが家はイニシャル)
  • 年齢
  • 学校名
  • 学年

わが家にはワンコがいるので、ワンコの年齢も書いています。

まとめ:ライフログノートのルール

最後に、今回のルールをまとめます。

ライフログノートのルール
  • 1冊のノートになんでも書く
  • 前から時系列に書く
  • 1つの項目ごとに線を引いて区切る
  • 1つの項目ごとに日付けを書く
  • 行動の記録には時間を書く
  • 気持ちは積極的に書く

「書くとき」「読み返すとき」がラクな方法はこちらです。

ライフログノートがラクになる方法
  • 登場回数の多い人物は「イニシャル」で書く
  • ノートに「通し番号」をつける
  • ノートの「使用期間」を書く
  • 「年齢や学年など」を書く

今回は私のルール(方法)を書いてみましたが、自分が書きやすいようにやりやすいように書くのが1番です。

ライフログノートの参考にしてみてください。

ライフログノートおすすめの本
ライフログノート(マイノート)を書きたくなる本・参考になる本ライフログノートを書いて、ノートに日々を記録してみませんか?ライフログノート(マイノート)を30冊以上書いてきた私が、おすすめの本を紹介します。...
こちらの記事もおすすめ!